健康診断での異常

健康診断で異常を指摘された方へ

健康診断下記のようなお悩みを持っている方は、ぜひ当院へご相談ください。

  • 健康診断で異常を指摘されたので、自分の健康状態を見直したい
  • 要経過観察・要精密検査となったので、改めて検査を受けたい
  • 自宅から通いやすい所にある病院で再検査を受けたい

診断の結果の見方

健康診断を受けた方の中には、結果についてあまり詳しく把握されていない方もいます。
この項目では、健康診断に記入されている結果の表記の見方について、解説していきます。

異常なし

特に問題がなく、ほとんどの数値が正常値に収まっている状態です。
とはいえ油断せず、引き続き1年に1回は定期的に健診を受け続けてください。

要経過観察・要再検査

正常範囲から外れている数値がありますが、緊急を要する状態ではありません。
結果に載っている期間のうちに、改めて検査を受けましょう。

要精密検査

異常があるとは言い切れませんが、精密検査を受ける必要がある状態です。
当院でも再検査を行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

要治療

異常値が発見されています。放置せずに医療機関へ受診し、適切な診断・治療を受ける必要があります。

健康診断で診断されることの多い項目

血糖値(BG・HbA1c)

BGは血糖値を、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は直近1~2カ月の平均的な血糖値を表します。現在、糖尿病の診断を下されていない状態だとしても、これらの数値には、常に気を付けておく必要があります。
HbA1cの正常範囲は4.6~6.2%とされており、6.5%以上の場合は糖尿病である可能性が高くなります。6.0~6.4%の場合は、「糖尿病である可能性が否めない」状態となります。
当院では、糖尿病専門医が糖尿病の治療を行っております。お気軽にご相談ください。

 

血圧

血圧計病院で測った血圧が140/90mmHg以上、もしくは家庭で測った血圧が135/85mmHg以上の場合は、高血圧と診断されます。発症原因を見つけだし、食事療法や運動療法を行う必要があります。

 

コレステロール(LDL・TG)

HDLとは善玉コレステロールのことで、TG(トリグリセリド)は中性脂肪、LDLは悪玉コレステロールのことを指します。
HDLは40mg/dl以上、TGは150mg/dl以下が正常値だと定められています。とくにLDLコレステロールは、140mg/dl以上が脂質異常症と診断され、動脈硬化、心筋梗塞などのリスクが上昇します。

尿酸(UA)

尿酸値が7.0mg/dl以上になると、高尿酸血症の診断が下されます。尿酸値が高くなると、痛風をはじめ、腎臓病や動脈硬化などの発症リスクが上昇してしまいます。

 

尿蛋白・尿潜血

疲労などによって、尿蛋白の数値が一時的に異常値になるケースは少なくありません。ただし、健康診断を受ける度に異常を指摘される場合は、腎臓機能の異常が起こっている可能性もあるため、放置は禁物です。
また、尿潜血が陽性になった方は、腎炎や尿管結石、腎臓・尿管の悪性腫瘍などが疑われます。

肝臓(アルブミン・ビリルビン・AST・ALT・γGTP・ALP)

肝臓数値を指摘された場合は、肝機能が低下している可能性が高いです。ただし、暴飲暴食や薬の副作用、ウイルス感染などが原因で、数値が高くなっているケースもあります。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われているように、何らかの疾患にかかっても、自覚症状がなかなか現れない臓器です。異常を指摘された方は、放置せずに当院までご相談ください。必要な検査や治療を受ける必要があります。

貧血(血色素量・赤血球量・ヘマトクリットなど)

日常生活を過ごすときに感じる貧血の症状は、軽視されがちです。
しかし胃潰瘍や胃がん・大腸がんなどの消化器疾患、子宮筋腫が隠れている可能性があるため、貧血を指摘された方は注意して、適切な治療を受けるようにしましょう。

膵臓(アミラーゼ・リパーゼ)

アミラーゼとリパーゼとは、膵臓から分泌される消化酵素のことです。これらの数値が高いと、膵臓の機能が低下している可能性が考えられます。
数値が高くなる原因としては主に、慢性膵炎・膵臓がんなどが挙げられます。アミラーゼは膵臓だけではなく、唾液腺からも分泌されます。唾液に含まれるアミラーゼが高いため、アミラーゼの数値が高い方もいらっしゃいます。

ピロリ菌陽性

ピロリ菌ピロリ菌検査で陽性になった方は、除菌治療を受けることをお勧めします。
ピロリ菌が体内に棲み続けると、萎縮性胃炎を引き起こし、胃・十二指腸潰瘍や胃がんの発症リスクが上昇します。ピロリ菌を除菌するには、抗生物質などを用いた薬物治療を受ける必要があります。
ほとんどの方は1次除菌で、ピロリ菌の除菌に成功します。
当院では、消化器病専門医が除菌治療を行っております。ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

 

便潜血陽性

便潜血検査便の中に血液が混じっている可能性があるので、陽性判定になった方は大腸カメラを受けることをお勧めします。肉眼では見えない血液を検出することができ、かつ「便を採取するだけ」というシンプルな方法で行えるため、便潜血検査は多くの健康診断で行われています。
ただし便潜血検査は、偽陽性の場合や偽陰性のケースもあるため、精度が高い検査とは言えません。そのため一定の年齢になりましたら、より現在の健康状態が細かく確認できる、大腸カメラをお勧めします。当院は内視鏡専門医が苦痛の少ない検査を行います、また、下剤を飲まない検査も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

TOPへ